授乳で乳首が痛い! よくある原因と対処法

授乳で乳首が痛い! よくある原因と対処法

母乳育児では、乳首に傷がついてしみたり痛みを感じたりすることがあります。そうなると、幸せな授乳タイムが地獄の時間になってしまうことも……。
そこで、ここでは乳首が切れる主な原因と、切れてしまった場合の対処法をご紹介します。

乳首の痛みの原因

乳首が切れやすいのは、産後まだ授乳に慣れていない時期が多いです。
授乳の回数が多く、赤ちゃんもママに慣れていないために、乳首に傷ができやすいのです。
授乳終わりに乳首を引っ張られたり、赤ちゃんが乳首を深く口に含めていなかったりすることで傷ができて痛みを生じるようになります。

また、赤ちゃんに歯が生え始めると、授乳中に乳首を噛まれてしまうことで、傷ができるケースもあります。
乳首のカンジダ症や細菌などの感染症、白斑など特別な原因の痛みもあります。

乳首の痛みや傷を治す対処法

レンタル利用がお得! ベビースケールの使用期間

搾乳した母乳を哺乳瓶であげる

搾乳をした母乳を哺乳瓶であげると、母体に母乳をためることなく傷んだ乳首の回復を待つことができます。
搾乳をするときには、搾乳器に頼るのもよいでしょう。傷口に負担がかからないだけでなく、電動のものを使えばあっという間に搾乳することができます。
搾乳器を使用すると、赤ちゃんがどのくらいの量を飲んだのかわかるのもメリットのひとつです。

乳頭保護器を使う

ニップルとも呼ばれる乳頭保護器は、ママの乳首に被せて乳頭を守る薄いカバーです。
乳首が切れてしまったときだけでなく、切れる前の予防としても使用できます。
しかし、使い続けることで、母乳分泌が低下することもあるので、痛みやしみるような感覚があるときだけ使用するようにしましょう。

湿潤療法

乳首に傷ができたとき、かさぶたができる前に対処するのが早めに治すコツです。
そのためには、傷口がうるおった状態を保つことが効果的だと言われています。
乳頭専用のクリームを塗ったり、母乳を塗ったりしてもよいですね。馬油や羊の油を塗るのもおすすめ。
赤ちゃんの口にはいっても大丈夫なものなので、授乳の際は軽く拭きとるだけでよいというのも手軽でうれしいですね。

乳首に痛みを感じても、我慢して授乳を続けているママが多いようです。痛みを感じたら早めの対処が肝心です。
苦痛の時間をママと赤ちゃんの幸せな時間として、ふれあいの時間を大切にしてください。
首を深くくわえさせたり、授乳中の抱き方を工夫したりするなど、予防もおこなうとよいですね。

関連商品

ピュアレーン

 
【メール便送料無料】メデラ ピュアレーン100(7g) medela 【販売品】
【メール便送料無料】メデラ ピュアレーン100(7g) medela 【販売品】

 

ニップルシールド

 
メデラ ニップルシールド 2枚入り・ケース付 medela 【販売品】
メデラ ニップルシールド 2枚入り・ケース付 medela 【販売品】

 

シンフォニー電動搾乳機

 
【ネット限定】メデラ シンフォニー 【電動さく乳器とダブルポンプのセット】 medela 搾乳機【ベビー用品 さく乳器レンタル】
【ネット限定】メデラ シンフォニー 【電動さく乳器とダブルポンプのセット】 medela 搾乳機【ベビー用品 さく乳器レンタル】

ベビー用品のレンタル・クリーニング