時期や相場は? 知っておきたい「出産内祝い」のマナー

時期や相場は? 知っておきたい「出産内祝い」のマナー

出産すると親戚や友人、同僚から出産祝いをもらうことがありますが、出産祝いをもらったら、お返しとして出産内祝いを贈るもの。
その際には相手に失礼のないよう出産内祝いを贈るマナーは最低限おさえておきたいところですね。
そこで、出産内祝いのおさえておくべきマナーのポイントを紹介します。

贈る時期

出産内祝いの時期としては、お祝いをいただいてから1ヶ月後までに送るのが一般的です。
生まれてから1ヶ月くらいの間で出産祝いをいただくことが多く、そのお返しとなると生後1ヶ月以降に贈ることになるでしょう。
生まれてすぐにお祝いをいただいた場合でも、お祝いをいただいた方々にまとめて1ヶ月後に出産内祝いを贈ってもマナー違反にはなりません。
忙しいなかなのでネット通販を利用して、まとめて贈ると手間も省けてお得なことが多いです。
ただし、電話はもちろん、はがきや手紙でのお礼を先にしておくことは重要ですね。 時期は、遅くても生後2ヶ月になるまでには贈りたいところです。出産後は、赤ちゃんの世話で精一杯なのでなかなか気が回らないということもあります。妊娠中安定期など少し余裕があるときに、出産の報告や内祝いの贈り先の住所を整理しておくとよいでしょう。

金額の相場

出産内祝いの金額は、いただいた品物や金額の1/2~1/3程度が目安です。
ただし、高額なお祝いをいただいた場合には、相場通りにお返しをすると、かえって相手に気をつかわせてしまいます。
両親や親戚、目上の人から高価なものをいただいたときには、相場にこだわりすぎず、感謝の気持ちをこめて贈り物を選びましょう。
いただいたお祝いの1/3以下の金額や、反対にいただいたお祝いより高価な物を贈るのも、マナー違反と思われてしまいます。

また、金額にこだわりすぎて好みに反したものを贈ると、相手は困ってしまうこともあります。

贈る品物

出産内祝いとしておすすめなのが、いくつあっても困らないタオル類や洗剤、日持ちするお菓子などです。
相手が自由に好きなものを選べるカタログギフトもよいでしょう。
名入れギフトや赤ちゃんの出生体重と同じ重さのお米なども人気があります。

ただし、赤ちゃんの名前や生年月日が入った名入れギフトは喜んだり驚いたりしてもらえる一方で、両親や親戚以外の人は困るという人もいます。
友人や同僚に名入れギフトを贈りたいときは、お菓子や食べ物、洗剤といった消耗品にすると相手も喜んでくれるでしょう。
消耗品以外のものを贈るときには、商品そのものではなく、パッケージやカードに名入れできるものを選ぶといいですね。
身内の場合は、みんなで揃って食事をすることで内祝いに変えるケースもあるので、両親や兄弟に相談してみるとよいでしょう。

熨斗(のし)の書き方

レンタル利用がお得! ベビースケールの使用期間

出産内祝いに熨斗を添えるときは、生まれた子供の命名披露も兼ねて、子供の名前を書いて贈るのが一般的です。

熨斗の表書きは、「出産内祝い」または「内祝い」、水引は紅白蝶結びで水引の下には子供の名前をいれましょう。
ふりがなをふっておくと親切ですね。
内祝いとは、我が家におめでたいことがあったから、その喜びの気持ちを皆様にもお分けして一緒に喜んでもらうという意味です。

そして出産内祝いには、赤ちゃんの誕生を一緒に祝ってくださいという意味も込められています。
マナーに気を付けて、お祝いしてくれてありがとうという感謝の気持ちを込めて贈ることが何よりも大切です。

関連商品

和泉屋名入れカステラ

 
和泉屋 (名入れ)創作長崎カステラ蜂蜜(桐箱)(男の子)
和泉屋 (名入れ)創作長崎カステラ蜂蜜(桐箱)(男の子)

 

鳥鶏庵

 
和泉屋 (名入れ)創作長崎カステラ蜂蜜(桐箱)(男の子)
和泉屋 (名入れ)創作長崎カステラ蜂蜜(桐箱)(男の子)

 

小分けギフト

 
小分けギフト
小分けギフト

 

内祝いギフト専門店

 
内祝いギフト専門店
内祝いギフト専門店

ベビー用品のレンタル・クリーニング