初節句は先に延ばせる? 初節句の由来と初節句の祝い方

初節句は先に延ばせる? 初節句の由来と初節句の祝い方

初めての子どもの場合、予防接種や行事など慣れないことを短い期間の内にやらなければならずあたふたしてしまうことも珍しくありません。
初節句のお祝いもそのひとつ。どのように祝ってあげればいいのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
ここでは初節句の由来や1歳になるまでの初節句の祝い方について解説します。

初節句とは

初節句とは子どもが生まれて初めて迎える節句のことです。女の子の場合は3月3日、男の子の場合は5月5日にお祝いをします。
初節句は子どもの健康と幸せを祈る行事であり、堅苦しく考える必要はありません。
もちろん、伝統的な飾りや食べ物はありますが、用意できる範囲で問題なく、気楽に取り組んでほしい行事です。

上巳の節句

上巳の節句とは3月3日の「ひな祭り」のことであり、女の子をお祝いする日です。
旧暦の3月3日ごろには桃の花が咲いていたことから桃の節句とも呼ばれるようになりました。
桃は昔から魔除け効果のあるものとして知られていました。
ひな人形も人の代わりに厄を受けてくれるものとして、厄除け効果があるとされています。

上巳の節句の時には家にひな人形を飾り、ひなあられ、菱餅、ちらし寿司、ハマグリのお吸い物などを食べて祝います。

端午の節句

端午の節句とは5月5日の「こどもの日」のことであり、男の子をお祝いする日です。
中国の風習が奈良時代に日本にやってきて定着したものだといわれています。
中国では病気の多い旧暦の5月に菖蒲で厄除けを行うといった行事でしたが、日本に流入してから武士に縁起のいい行事として支持され、男の子の行事になりました。
端午の節句は菖蒲の節句とも呼ばれます。端午の節句の時には家に鎧兜、五月人形、こいのぼりを飾り、柏餅やちまきを食べて祝います。

生まれた直後が初節句にあたる場合

生まれた直後が初節句にあたる場合

子どもが生まれた直後に初節句があたる場合、母子の健康や準備の手間を考えて、初節句を先延ばしにするのが一般的です。
そもそも、初節句は赤ちゃんの死亡率が高かったために、成長の節目を祝うもの。
初節句の1か月以内に生まれた場合であれば、一般的には初節句を翌年に繰り越して無事に成長したことを祝いましょう。

また、お食い初めの前に初節句がくる場合や早生まれの子どもの場合には初節句を翌年に繰り越すという考えもありますが、この場合は初節句を行ってしまうことのほうが多いようです。

初節句の祝い方についてイメージできたでしょうか。初節句というと堅苦しく考えてしまう方が多いようですが、無理のない範囲で行う行事です。
出産直後など慌ただしいときは翌年に繰り越して問題ありませんし、人形や食べ物をしきたり通りすべてそろえる必要もありません。
初節句の日を子どもと一緒に楽しく過ごし、素敵な思い出を作ってくださいね。

ベビー用品のレンタル・クリーニング