ベビーシートはレンタルと購入どっちがお得? メリットを比較

ベビーシートはレンタルと購入どっちがお得? メリットを比較

ベビーシートは赤ちゃんと一緒に車でお出かけするときには必ず使用するアイテムです。さまざまな種類があるため、どれを選ぶべきか悩んでしまうことも。
ベビーシートは赤ちゃんグッズの中でも高額な商品のため、「買ってみたけど失敗だった」と後悔したくはないですよね。
今回は正しいベビーシートの選び方と、お得に活用できるレンタルのメリットをご紹介していきます。

ベビーシートの正しい選び方

新生児用ベビーシートは、生まれてすぐ~1歳ころまで使用できます。
最近では、新生児対応のチャイルドシートもありますが、ベビーシートに比べるとフィット感が低下します。
これに対し、ベビーシートは新生児に特化した作りなので、生後すぐの小さな赤ちゃんにもしっかりフィットしてくれるのです。
ベビーシートは新生児~10か月頃までの赤ちゃん専用なため、赤ちゃんへの負担を軽減することができるのが魅力です。

また、ベビーシートはキャリータイプがほとんどなので、眠った赤ちゃんを起こすことなくそのままお部屋に運べます。持ち運びが簡単でスムーズなのは、赤ちゃんにとってもパパママにとっても嬉しいポイントです。
さらに、最新のベビーシートはISOFIXベースに対応しているものもあり、取り付け方はベースに乗せるだけという手軽さ。
簡単で確実に装着できます。
シートベルトを利用しないので脱着がスムーズで、途中で赤ちゃんが起きてしまうというトラブルも避けられます。 

ベビーシートの設置方法・注意点

ベビーシートに赤ちゃんを寝かせ、しっかりとハーネスを装着します。その後、シート全体を車のシートベルトで固定して使用します。
シートを座面に押し付けるようにすることで、シートベルトがきつく締まりぐらつきを抑えることができます。

シートは後ろ向きで、赤ちゃんの背もたれの角度が45度になるように設置します。この角度が安全性と赤ちゃんの快適さを保つためには重要です。
ハーネスはしっかりと赤ちゃんの肩にかかるようにしましょう。赤ちゃんはどんどん大きくなります。成長に合わせて、ハーネスの高さをこまめに調節するようにしましょう。

レンタルor購入 それぞれのメリットは?

ベビーシートの購入に迷ったら、レンタルを検討してみるのもオススメです。レンタルする場合と購入する場合、どちらにもメリットがあります。

レンタルするメリット

・費用を抑えられる
・使用後に返却できる
・他の商品へ変更できる
ベビーシートは赤ちゃんとのお出かけには必須アイテムですが、使用時期が非常に短いのが特徴です。レンタルの場合、使い終わったベビーシートは返却すればいいので、保管場所に困ることはありません。
また実際に使ってみたうえで、他の商品を試せるのも魅力的なポイントです。

購入するメリット

・手続きの手間がかからない
・兄弟を考えている場合は経済的
・愛着がわく

家族計画で子どもを2人、3人と考えている場合、一度購入したものはずっと使えるため、毎回レンタルするよりも経済的といえます。ただ、使用しない時期の保管場所が必要であり、食べこぼしなどのケアを自分で行わなければならないというデメリットもあります。

ベビーシートはレンタルをお得に活用しよう

生まれた直後が初節句にあたる場合

新生児用ベビーシートは赤ちゃんにとって安全で快適な空間です。
短い期間しか使わないから買うのはもったいない……とためらう方は、レンタルを上手に活用してみましょう。
新生児のうちは新生児に特化したベビーシートをレンタルし、体がある程度大きくなり、首も腰も据わった1歳頃になったら、長く使えるチャイルドシートを購入するという方法がおすすめです。
こうすることで、赤ちゃんにとっても、お財布を管理するママにとってもメリットがたくさんになります。
安全で快適な空間のベビーシートがあれば、赤ちゃんとのお出かけがよりいっそう楽しくなりますね。

関連商品

スムーヴトラベルシステムインファントカーシートセット

ISOFIX対応ベースがセットになって車への取り付けが簡単。
赤ちゃんを起こさずに乗せ降ろしができます。

 
スムーヴトラベルシステムインファントカーシートセット
スムーヴトラベルシステムインファントカーシートセット
 

グッドキャリー

 
グッドキャリー
グッドキャリー
 

ベビー用品のレンタル・クリーニング