子供が寝る時に布団を嫌がるのはなぜ? なぜ蹴るの?

子供が寝る時に布団を嫌がるのはなぜ?すやすや眠る赤ちゃん

すやすや眠っている子供を見ると、いつも布団かけずに、大の字や、横を向いてキュッと丸まって眠っていませんか? 風邪をひいてしまわないか心配で、気が付くたびに布団をかけてあげますよね。
どうしていつも布団をはいでしまうのでしょうか? 
布団をはいでしまう理由・原因と、そんな時の対策をご紹介いたします。

どうして布団を嫌がるのか? 理由を探ってみましょう!

暑い夏でも、寒い冬でも子供は常に布団をかけていないと思うお母さん方も多いのではないでしょうか。
布団が嫌いなのでしょうか。それとも寝相が悪く布団から飛び出てしまうのでしょうか? 
眠っている子供を観察していると自分から布団を蹴飛ばしている事が分かります。それはなぜでしょう。

体温が高い

子供は体温が高く、寝汗をかきやすい

子供は大人よりも体温が高いことが考えられます。子供が眠っているお布団を触ってみると熱気で暑くなっていませんか?子供と一緒の布団で眠っていると子供の熱気で寝苦しいと感じたことはありませんか?
子供は元々体温が高く、暑がりなのです。そのため、暑さを感じて布団を蹴り飛ばしたり、熱気で暑くなった布団から逃げたくてゴロゴロと寝返りをうったりして体温調節をしているのです。

眠りが浅い

眠りが浅いとき寝返りをうつことがあります

人は眠っているとき、ノンレム睡眠とレム睡眠をいったりきたりして眠っています。ノンレム睡眠とは深い眠りで熟睡している状態です。レム睡眠とは浅い眠りで寝返りをうったり、夢を見たりしている状態です。大人はレム睡眠(浅い眠り)の割合が20%ですが子供はなんと50%くらいになります。半分くらいは寝返りをうって布団から飛び出たり、足で蹴飛ばしたりする可能性が高いということになります。

布団を嫌がらないようにするには・・・

子供は体温が高く暑がりであることが分かったので、眠る時にできるだけ心地いい環境で眠らせてあげましょう。 そのためにできる事をご紹介します。

入浴後、2時間ほどあけてから眠る

お風呂から出てすぐに寝たほうがポカポカして気持ちよく眠れそうですが、元々体温の高い子供は温まった体温がなかなか下がらずに寝苦しい状態が続いてしまいます。お風呂は早めに入り、余裕を持って眠る準備をしましょう。

子供にとって快適な室温にする

子供にとって快適な室温にする

温めすぎるのは眠りを妨げてしまいます。子供は寝ている間にたくさんの汗をかきます。子供にとって快適な温度に設定してあげたいですよね。
冬に布団をはいでしまう事を想定して暖房を少し高めの温度に設定していませんか? 寝苦しくて布団をはいでしまう子供には逆効果になってしまいます。暖房器具を使う場合には、眠る少し前に暖房を切り眠っている間も消しておくようにしましょう。

布団をかけすぎない

子供は体温が高いので、布団のかけ過ぎには注意しましょう。暑くなったり、布団の重さで寝苦しくなったりします。ママやパパと一緒に添い寝をしている場合に大人用のお布団を子供にもかけていると重く感じているかもしれません。添い寝をする場合でも子供には子供用のお布団をかけてあげるようにしましょう。

それでも布団を嫌がってはいでしまう場合には

いくら気を付けたり、対策したりしても子供は布団をはいでしまいます。寝冷えで風邪をひいてしまわないかママは心配ですよね。特に気を付けたいのがお腹です。お腹が冷えると下痢をしたり、体調をくずしたりしてしまいます。布団をはいでしまってもお腹が冷えないように対策ができないか考えてみましょう。

スリーパーを着せる

寝返りをうってもスリーパーを着てれば大丈夫

スリーパーはパジャマの上に着るだけで簡単に寝冷え対策ができます。布団をはいでしまっても体を温かく包んでくれます。スリーパーの良いところは、寝ているときにいくら動いても脱げる心配がありません。スリーパーを着せておけばママも安心して眠れますね。

腹巻をする

大人でも寝冷え対策として定番の腹巻です。パジャマの上から簡単に装着できお腹をやさしく包み込んでくれます。ただ、寝ているときに動くとずれてしまう可能性もあります。最近ではパジャマのズボンと腹巻が一体になっているタイプもあります。寝ているときに動いてもずれることがないのでおすすめです。

ベッドガードを使う

カトージ ポータルブルベッドガードを使うと布団が落ちない

子供が柵のないベッドで眠っている場合は、ベッドガードを使う事をおすすめします。蹴り飛ばした布団が落下するのを防いでくれます。また、暑くてゴロゴロと動き回って子供がベッドから落下するのも防いでくれます。最近では子供向けプランを展開するホテルや旅館でもベッドガードを用意する施設も増えています。

あまり心配し過ぎないで!

布団を蹴飛ばしても心配し過ぎないで

子供が布団をはいでしまう理由がわかりましたね。体温の高い子供が自分なりに一生懸命温度調節をしているのですね。
寝相が悪くても気にしない!布団をかけていなくても不安にならない!
ご紹介した対策を試してみてください。子供がぐっすり眠っている時はママもゆっくり休んでくださいね。


カトージポータブルベッドガードセーフティベルト付き 130cm グレーをベビーランドで購入するならこちら
ベビーランドで購入するならこちら
カトージポータブルベッドガードSB付き130cmグレー
カトージポータブルベッドガードセーフティベルト付き 130cm グレーを楽天ショップでご購入するにはこちら
楽天ショップあいらぶギフトベビーで購入するならこちら
【楽天】カトージポータブルベッドガードSB付き130cmグレー
サンデシカ 6重ガーゼスリーパーをベビーランドで購入するならこちら
ベビーランドで購入するならこちら
サンデシカ 6重ガーゼスリーパー
サンデシカ 6重ガーゼスリーパーを楽天ショップでご購入するにはこちら
楽天ショップあいらぶギフトベビーで購入するならこちら
【楽天】サンデシカ 6重ガーゼスリーパー

ベビー用品のレンタル・クリーニング