時期はいつ頃? 赤ちゃんの「卒乳」で知っておくこと

時期はいつ頃? 赤ちゃんの「卒乳」で知っておくこと

以前までは、ママのタイミングで母乳をあげるのをやめる「断乳」というのが主流でしたが、最近では赤ちゃんが自然とおっぱいを飲まなくなる、「卒乳」を目指すのが主流となっています。
赤ちゃんの卒乳を促すのに適切な時期というのはあるのでしょうか。
今回は卒乳について見ていきましょう。

そもそも卒乳って?

以前は親が無理やりおっぱいを断たせる、断乳が主流でした。しかし、最近は母子手帳からも「断乳」という言葉が消え、赤ちゃんが自然とおっぱいを飲まないようになる「卒乳」が主流になっています。
かつては断乳のために、おっぱいにからしを塗るなどして、赤ちゃんがおっぱいを欲しがらないようにするなどしている方も多かったようですが、これは赤ちゃんにとって大きなストレスになりかねません。

卒乳を促す最適な時期は、赤ちゃんがおっぱいを吸いたいと思わなくなる生後9か月から3歳半の間であると言われています。

卒乳がしやすい赤ちゃんの時期

卒乳は、あくまで赤ちゃんのほうから自然とおっぱいを飲まなくすることです。
そのため、これといって卒乳するための方法というのは存在しません。

しかし、前項で紹介したように、卒乳を促すのに適した年齢というのがあり、また、その中でも卒乳しやすいタイミングというのがあります。
赤ちゃんが以下のようなことをするようになるタイミングで、卒乳を促してみましょう。

・1人で歩けるようになった
・離乳食を1日3回とっており、母乳以外の栄養源が確保できるようになった
・言葉がわかるようになった
・母乳以外で水分補給できるようになった

特に、赤ちゃんがママの言葉を理解できるようなったのであれば、直接本人に「おっぱいやめてみる?」など訊いてみてもいいかもしません。

卒乳する際に気を付けたいこと

卒乳する際に気を付けたいこと

卒乳に見事成功した場合は、気を付けなくてはいけないことがあります。
乳幼児にとって、母乳は大切な栄養・水分補給源です。おっぱいを飲まなくなったからといって安心して、必要な栄養素や水分をとらなくなってしまっては、栄養失調や脱水症状になってしまいかねません。
赤ちゃんが、きちんと母乳の代わりに食事や水分をとっているか、食事の栄養バランスに気を付けながら注意するようにしてください。

また、赤ちゃんにとっておっぱいは「心の栄養源」とも言われています。
卒乳できたと思っても、再びおっぱいを飲みたがることもあります。そんなときは「まだ卒乳できてなかったんだ」と考え、おっぱいをあげるようにしてください。

卒乳の時期は赤ちゃんによってそれぞれです。
卒乳時期がほかの赤ちゃんと比べて遅いからと言って、慌てず、赤ちゃんが自然におっぱいを飲まなくなるまで見守ってあげてくださいね。

ベビー用品のレンタル・クリーニング