赤ちゃんを熱中症から守ろう! ママが気を付けるべきこと

赤ちゃんを熱中症から守ろう! ママが気を付けるべきこと

赤ちゃんは大人と比べて体温調節機能が未発達ですので、大人以上に熱中症になりやすいものです。
赤ちゃんは体調不良を言葉で訴えることができませんので、ママやパパは、夏は赤ちゃんの様子について普段以上に気を付ける必要があります。
赤ちゃんが熱中症にならないために、ママやパパが気を付けるべきポイントについてご紹介します。

赤ちゃんの熱中症の初期症状を知っておこう

赤ちゃんが重度の熱中症にならないために、赤ちゃんの熱中症の初期症状にはどのようなものがあるのか把握しておきましょう。

・顔が赤らんでいる
・顔が熱くなっている
・元気がない
・機嫌が悪い
・普段以上におっぱいやミルクを飲みたがる

以上のような特徴が見られた場合、熱中症になりかけている可能性がありますので、しっかり対策するようにしてください。

熱中症の初期症状が見られたときの対処法

前項で紹介した熱中症の初期症状が赤ちゃんに見られた場合、すぐに対処して、熱中症が悪化してしまわないようにしなければいけません。

・日陰やクーラーが効いた部屋に移動させる
まずは赤ちゃんを涼しい場所に移動させましょう。そこで服を脱がせて風通しをよくします。
体にこもっている熱を逃がしてあげることが大切です。

・濡れタオルや保冷剤で冷やす
濡れタオルや保冷剤(タオルを巻いたもの)で、おでこや脇の下など冷やしてあげましょう。

・水分補給をさせる
体が冷えたら、水分補給をさせてあげます。
熱中症の場合、多量の汗をかいているものですので、ただの水ではなく、赤ちゃん用のイオン飲料など、塩分やミネラルが含まれている飲み物を与えてください。

熱中症にさせないために

熱中症にさせないために

熱中症は初期症状の段階でもつらいものです。できることなら、そのような状況にもならないようにしてあげたいものですよね。
赤ちゃんが熱中症にならないためには、ママやパパが日ごろから気を付けてあげなくてはいけません。

・こまめに水分補給をさせる
赤ちゃんが望んでいなくても、夏場の暑い時期は、こまめに水分補給をさせるようにしてください。
その際は母乳やミルクのほかにも、前項でも触れた赤ちゃん用のイオン飲料や、赤ちゃん用の麦茶がおすすめです。
・気温や室温に合った服装を心がける
気温や室温が高いときに、春と同じような格好をさせるのは危険です。
暑いときはできるだけ薄着させるなど、服装に注意しましょう。
外出の際は、暑い屋外からエアコンの効いた室内に入ることなども考え着脱のできる衣類を着せるといいでしょう。
もちろん、帽子をかぶせるなども熱中症予防になります。

・エアコンをつける
室内に長い時間いる場合は、エアコンをつけて、室温がちょうどよくなるようにしてあげましょう。
赤ちゃんにとっての適切な室温は26~28℃です。その際はエアコンの風が赤ちゃんに直接かからないよう気を付けましょう。

熱中症になりやすい赤ちゃん。
苦しくてもそのことを訴えることができませんので、ママやパパがしっかり注意して、熱中症になったり、悪化したりしないようにしてあげてくださいね。

関連する記事はこちら

涼しく軽く!通気性に優れた、エルゴOMNI360が登場

2018.07.07

赤ちゃんとのお出かけはいつからできる? お出かけ時の注意点

2018.04.14

新定番!赤ちゃん用蚊帳で魅力を再発見

2018.07.21

関連商品


生後1ヶ月~

生後3ヶ月~

生後1ヶ月~

ベビー用品のレンタル・クリーニング