秋生まれの赤ちゃん、気を付けることは?


秋は暑すぎず寒すぎず、お出かけがしやすい季節です。
でも日が暮れると、急に寒くなることも……。
秋生まれの赤ちゃんが気を付けたいことを、10月生まれの赤ちゃんを持つママに聞いてみました。
特に悩んだのは「気温の変化」だそうです。

秋生まれの赤ちゃん、室内で気を付けることは?

秋だから寒いかもしれない、風邪をひかせてはいけない……。
そんな考えから、室内で赤ちゃんに厚着をさせるケースがあります。

でも肌着を着せて、おむつカバーを履かせ、ベビー服を着せ、おくるみに入れ、
さらに毛布と布団をかけ、暖房もつける……。
そんな状態では、体温調節の苦手な赤ちゃんはあせもだらけになってしまいます。
10月生まれでも、あせもに悩む赤ちゃんは多いようです。

顔にあせもが出てしまったら、室内では薄着にしてあげましょう。
ベビーオイルやベビーパウダーは一休み。
ベビーオイルは保湿をしてくれますし、 ベビーパウダーはかぶれ予防に効果がありますが、汗腺に詰まってあせもが悪化することもあるので、使用をやめましょう。
清浄綿でぬぐう回数を増やすなどして、お肌を清潔な状態に保ってあげてください。
柔軟剤を使ったタオルはお肌にやさしいイメージがありますが、それさえ刺激になってしまう赤ちゃんもいます。

できるだけトラブルを防いであげたいというのが親心ですが、赤ちゃんの肌トラブルは体質による違いが大きいものです。
離乳食として食べた食品が原因でアレルギーが出ることもあるので、何を食べたのか、わかるようにしておくといいでしょう。

アトピーでも同じですが、肌をかいて傷つけてしまうと悪化してしまいます。
慢性的な湿疹になる前に、小児科や保健師に相談しましょう。

秋生まれの赤ちゃん、お出かけで気をつけることは?

赤ちゃんが産まれてから、健診や予防接種などで出かける用事も増えてきます。
秋は天候が変わりやすく、すぐ日が暮れたり、雨が降ったりと温度の変化が激しく起こります。
ベビー服の上からかけられるような、ブランケットが1枚あると便利です。
最近では、だっこひもとベビーカーに兼用でつけられるダウンカバーなどもあります。

赤ちゃんは体温が高いこともあり、だっこひもを使っていると汗をかくこともあります。
ここでもあせもには気を付けてあげましょう。
赤ちゃんの身体が接する部分にガーゼタオルを一枚はさんでおくと、汗を吸収してくれて便利だそうです。

気温はその年や気候、住む場所によって大きく違うものです。
その場にあわせて、何を着せるのか? 何をかけるのかなど決めましょう。

関連商品はこちら


だっこひもで有名なエルゴベビーにつけられるダウンカバーです。
裏起毛でリバーシブル、ベビーカーの上からもかけられるので、寒い日におすすめです。


DADWAY BabyHopper
ウインター・マルチプルダウンカバー
メランジ グレー

DADWAY BabyHopper
ウインター・マルチプルダウンカバー
メランジ ネイビー

DADWAY BabyHopper
ウインター・マルチプルダウンカバー
メランジ チャコール


DADWAY BabyHopper
ウインター・マルチプルダウンカバー
ウールライク ネイビー


DADWAY BabyHopper
ウインター・マルチプルダウンカバー
ウールライク グレー


DADWAY BabyHopper
ウインター・マルチプルダウンカバー
ウールライク ブラック

ベビー用品のレンタル・クリーニング