【出産準備】水通しって?

以前、赤ちゃんの肌着についての記事を書きました。
参考記事:【出産準備品】赤ちゃんの肌着って?

母親学級で「買ったばかりの肌着やガーゼハンカチは、水通しをしてください」と言われたことはありませんか?
普段聞かない言葉なので「水通しってなに?」と困ってしまうパパママも多いようです。
今回は水通しについてまとめてみました。

水通しってなに?

買ったばかりの肌着やガーゼハンカチを、水だけで洗濯することです。
洗濯機を使うことはできますが、洗剤や柔軟剤を入れてはいけません。
赤ちゃんの肌は大人よりずっとうすく、洗剤や柔軟剤が刺激になってしまうためです。
大人用の洗濯物とは分け、手洗い、または弱洗いで、やさしく洗ってあげましょう。

水通しをするのは、肌着やガーゼハンカチ、ベビー服、おくるみなど、赤ちゃんの肌に直接ふれるものです。

特に指定がなければ、通常の洗濯物と同じように形を整えて干します。
花粉の季節などは、室内干しや陰干しをしても構いませんが、特に問題がなければ天日干しをしましょう。

アイロンはかけてもかけなくても構いません。
ただし、のりは使わないようにしましょう。

なぜ必要なの?

販売されている衣類は、パリッとしわのない状態で並んでいます。
つまり、のりがきいている状態です。

水通しは、洗剤・柔軟剤・のりなど、赤ちゃんの肌に刺激を与えるものを洗い流す目的で行います。

でも柔軟剤を入れないとゴワゴワ……

柔軟剤を入れずに洗うと洗濯物がゴワゴワして、気になってしまう人も多いでしょう。
そんなとき、ゴワゴワを少しだけやわらげる方法があります。

洗濯物の端を持って、数回強くふってから干しましょう。
寝ていた繊維が空気をふくむので、ふっくらします。

いつ頃水通しをすればいいの?

出産準備品は種類も多く、販売場所も限られているため、臨月の少し前から用意をした方がいいでしょう。
水通しをするのは、臨月になってから。
肌着やガーゼハンカチは、出産後すぐに赤ちゃんが使います。
入院の際に持っていけるようにしておきましょう。

出産は楽しみでもあり、不安にもなるものです。
できるだけ準備を整えて、その日を迎えるようにしましょう。
がんばって!

出産準備に関連する記事はこちら

【出産準備品】赤ちゃんの肌着って?

2018.09.29

【出産準備】何を準備すればいいの?

2018.08.25

赤ちゃんのお肌のケアにぴったり!「馬油」ってどんなもの?

2018.07.27

ベビー用品のレンタル・クリーニング