歯みがきはいつから? 乳歯のみがき方


生まれたときに小さかった赤ちゃんも、だんだん髪や歯が生えてきます。
赤ちゃんの歯が生えるのはいつごろ?
歯みがきは、いつごろからはじめればいいのでしょうか?

乳歯の生える時期は?

赤ちゃんに歯が生えるのは生後6ヶ月から9ヶ月ごろが多く、まずは前歯から生えてきます。
授乳中、乳首を前歯ではさまれて痛い思いをしたママも多いのではないでしょうか。

歯が生えるときはムズムズするため、赤ちゃんは歯で噛もうとします。
なんでも口に入れてかじる時期でもあるので、気を付けましょう。
安全にかじらせるためには、歯がためのおもちゃがあると便利です。
この時期に赤ちゃん用の歯ブラシを渡して歯がための代わりにして、慣れさせるママもいます。
一石二鳥といえますが、赤ちゃんが歩きながら使ってしまうこともあり、目を離すのは危険です。
必ず大人の目のある場所で使わせるようにしましょう。

歯が生える時期は個人差が大きく、1歳ごろになる子もいます。
1歳をすぎて歯が生えてこないときは、定期検診などで相談をしてみましょう。

歯みがきはいつから?

歯が少しでも生えてきたら、ガーゼを指に巻いて、赤ちゃんの歯をそっと拭いてあげましょう。
ゴシゴシと力を入れてこする必要はありません。
まずは歯みがきに慣れてもらうため、液体歯みがきなどはつけない方がいいでしょう。
無理に歯みがきをして、歯みがきを嫌いになってしまうと大変です。
指を強く噛まれてしまう場合は、綿棒を使うと便利です。

歯ブラシを使うのはいつから?

歯の生え具合や離乳食の内容にもよりますが、10ヶ月頃になったら、乳児用の小さな歯ブラシを使いましょう。
歯ブラシはヘッドの小さいものがおすすめです。

歯のみがき方

歯は、前面、噛みあわせ面、裏面の3つの面でできています。
歯ブラシの毛が曲がらないくらいの力で当てて、それぞれの面を10回ずつやさしくみがきましょう。
歯は一本ずつみがきます。

乳児のうちは唾液も多いため、細かく気にする必要はありません。
まずは歯みがきを嫌いにならないよう、楽しく歯をみがく方法を考えてあげましょう。
虫歯が心配なら、定期検診のときにフッ素を塗ってもらうのも効果があります。

ベビー用品のレンタル・クリーニング