お子さんへの薬の飲ませ方は?


インフルエンザや胃腸炎が流行っているそうです。
体調をくずして病院にかかるお子さんも多いのではないでしょうか。
病院に行くとお薬が出ますが、お子さんがなかなか薬を飲んでくれない……。
そうお悩みのパパやママが多いのではないでしょうか。

病院ではどうすすめられる?

小児科の先生に聞くと、アイスクリームやプリンなど、子供の好きなものに混ぜるようにと教わります。
しかし薬によっては苦みが出てしまって飲みにくくなってしまうこともあります。
混ぜてもあまり味が変わらないことが大切です。

混ぜると苦くなるものって?

・ヨーグルト
・乳酸菌飲料
・スポーツドリンク
・オレンジジュース
・リンゴジュース
・フルーツゼリー
・イチゴジャム

薬と一緒に飲食すると、苦みが強調されやすいです。

混ぜるのに適したものは?

アイスクリーム

小児科でもすすめられるのが、アイスクリームです。
特に熱が出たときなど、冷たくて気持ちがいいので食べたがる子は多いでしょう。

少し溶かして、ジェラート状にした状態で薬を混ぜましょう。
チョコレート味やハーゲンダッツなど、味の濃いものがおすすめです。

ただし、お腹や胃が弱っている子には向きません。

牛乳

牛乳は口の中に膜をはってくれます。
そのため、薬の苦みを感じにくいといいます。
辛いカレーを食べるときと同じです。

コーヒー牛乳なども味がついているため、薬を飲むのに適しています。

プリン

お子さんにプリンの上に粉薬をザラザラとかけて食べさせたら、薬の食感が気に入ってしまったという笑い話がありました。
味は問題ありませんが見栄えが悪くなってしまうので、いつもと違うことを気にする子には向かないでしょう。

練乳など

練乳は甘くて味が濃いため、薬を飲ませるのに適しています。
メープルシロップなども香りがいいので薬に気付きにくいといいます。

ただしハチミツや黒蜜は、2歳未満のお子さんには与えないようにしましょう。
ボツリヌス菌が含まれている可能性があるためです。
(参考記事:ハチミツ以外にも? 赤ちゃんに食べさせてはいけない食品

体調が悪くて機嫌の悪いお子さんに薬を飲ませるのは苦労するものです。
薬は飲ませなくてはいけませんが、できるだけ嫌な思いをせずに飲んで欲しいですよね。
病気のときだけ食べられるような特別なアイスなどを、普段の習慣で作っておくと、いいかもしれません。

ベビー用品のレンタル・クリーニング