Aprica アップリカ 3輪バギー スムーヴとイージーバギーはどこが違うの?

スムーヴとイージーバギーを比較しよう
先日発売されたアップリカのコンパクト3輪バギー「イージーバギー」は一見するとスムーヴに似ていますね。

私も初めて見た時は、スムーヴの新商品が出たのかと思いました。

そんなそっくりなアップリカの3輪バギー「スムーヴ」と「イージーバギー」の違いについて見ていきたいと思います。

ベビーランドのベビーカーレンタルでも人気なスムーヴABとイージーバギーを比較していこうと思います。

それぞれのスペックを見ていきましょう

イージーバギー スムーヴAB
対象年齢 生後1ヶ月~36ヶ月(体重15kg以下) 生後1ヶ月~36ヶ月(体重15kg以下)
サイズ 【ご使用時】
幅54.3cm × 奥行93.3cm × 高さ108.6cm
【折りたたんだ時】
幅54.3cm × 奥行36.3cm × 高さ59.2cm
【ご使用時】
幅55cm × 奥行88.5cm × 高さ112cm
【折りたたんだ時】
幅55cm × 奥行43.5cm × 高さ90cm
重さ 6.9㎏ 9kg
リクライニング角度 118°~163° 120°~170°
安全基準 製品安全協会A形SG合格品
つまりSG適合品
製品安全協会A形SG合格品
つまりSG適合品
タイヤ ノーパンクタイヤ エアタイヤ(※1)
シート高 不明
※おそらく同じくらい
58cm

※1:現行のスムーヴシリーズはすべてノーパンクタイヤです。初代のスムーヴABのみ空気入れで空気を入れるエアタイヤでした。
※スムーヴAB以降に発売されたスムーヴもそれほど違いはないと思います

それぞれの外観を見ていきましょう

正面から

スムーヴとイージーバギーの比較(正面)
前面から比較すると、ほとんど変わりがありませんね。
イージーバギーの方が前からも荷物カゴにアクセスできるようになっているので、荷物を取り出しやすくなっています。

スムーヴはハイシート58cmと公表されており、イージーバギーもハイシートなのですが、メーカーサイトでは具体的に何センチと書かれていませんでした。
でもこうして比べてみると、58cmのスムーヴと変わりがないように見えるのでイージーバギーも58cmくらいと考えて良いでしょう。

※写真ではスムーヴの方が低くなっていますが、メーカー公表のサイズではスムーヴABの方が3.4cm高くなっています。

横から

スムーヴとイージーバギーの比較(横)
横から比べてみると、イージーバギーの方がハンドルの位置が低くなっています。背の低い女性の方には押しやすいかもしれませんね。

幌の大きさはスムーヴの方が若干大きいと思います。

注目いただきたいのは、イージーバギーの方が、赤ちゃんの横を覆う部分が高いところまで来ています。
新生児のうちはシートをリクライニングさせて、赤ちゃんを寝かすと思いますので、横の部分が高い位置までおおわれていると赤ちゃんも安心ですね。

荷物カゴの大きさはスムーヴの方が大きいですが、イージーバギーのカゴでも十分足りると思います。

後ろから

スムーヴとイージーバギーの比較(後ろ)
後ろから見るとイージーバギーの方が荷物カゴの横幅が広いのと、開口部が広く、出し入れしやすいです。

車体の横幅はほぼ同じですね。

イージーバギーのブレーキペダルは小さく、タイヤに近いので少し踏みずらい印象がありましたが、慣れればそれほど気にならないでしょう。

タイヤ

スムーヴとイージーバギーのタイヤ比較スムーヴとイージーバギーのタイヤ比較2
左がイージーバギーのタイヤになります。
こうして比較すると、イージーバギーのタイヤの方が、細くて、一回り小さくなっています。

このことによる差は何が考えるでしょうか

乗り心地?、安定性? 段差の乗り越えやすさ?

確かに、違いはあるかもしれません。

段差においては、タイヤが大きければ大きいほど、高さのある段差を乗り越えやすくなっています。

そうは言っても、イージーバギーのタイヤの大きさでも、日常使いでは気にならないでしょう。

お店に入るときの段差など、通常のベビーカーでは引っ掛かってしまうケースでも、
イージーバギーではひょいっ と乗り越えていけちゃいます。

折りたたんだ時

これです!
イージーバギーの最大の特徴がこの折りたたんだ時の大きさにあります。
今まで3輪バギーを使ってみたい!
アクティブにお出かけするのでデコボコ道でも押しやすい3輪バギーを使いたい!

そう思っても、車に乗せられないから諦めていた人もいたと思います。

そんな人たちが待ちに待った3輪バギーがイージーバギーです。

それでは大きさを見ていきましょう!!
スムーヴとイージーバギーの比較(折りたたみ時後)

こうしてみるとわかりますね。
本当に小さいんです。

持ち手がついて便利!

フロントガードを見てください。
お子さんが握る部分ですね。
スムーヴは上に突出しているのがわかりますか?

それに対してイージーバギーはフロントガードの角度が絶妙なので折りたたむと邪魔にならないように隠れるようになっているんです。

えっ? フロントガードがあるから持ちやんじゃないの? と思うかもしれません。

そうですね、スムーヴはフロントガードを持つことで持ち運びしやすいかもしれません。

安心してください!

イージーバギーには持ち手がついているんです!
イージーバギー持ち手
持ち手を持つことで簡単に持ち運びができるようになりました。

コンパクトカーにも積めるんです!

コンパクトカーの足元にコンパクトカーの足元に


コンパクトカーのトランクにコンパクトカーのトランクに


イージーバギーはコンパクトカーの足元にはもちろん、トランクにも収納することができるんです。
折りたたんでも大きなスムーヴシリーズではこうはいきませんでした。

車に積めなくて3輪バギーをあきらめていた人も多いのではないでしょうか。


イージーバギーはスムーヴの弟分のような感じでしたね。

コンパクトな3輪バギーのイージーバギーは

3輪バギーを使いたいけど、車に積めない、移動するのに重くて大変とあきらめていた人にはおススメの1台となっています。

ベビー用品のレンタル・クリーニング