【比べてみました】電動搾乳器スイング フレックス、従来の製品との違いは?

搾乳器

メデラから、新商品「スイング フレックス電動さく乳器」が発売されました。
産院で最も使われている搾乳器メーカーといえば、メデラでしょう。
世界中で使われている、スイス発のブランドです。

今回はメデラが発売した「スイング・マキシフレックス電動さく乳器」について、ご紹介します。

 1.搾乳器(さくにゅうき)、なぜ必要?
  1-1.飲んだ量がわかる
  1-2.乳腺炎の予防に
  1-3.乳首が切れて痛い
 2.電動と手動、どちらがいい?
 3.シングルポンプとダブルポンプって?
 4.新商品「スイング フレックス電動さく乳器」
 5.従来の製品との違いは?
   5-1.平均搾乳量が11%UP!
   5-2.搾乳口が360°回転
   5-3.お手入れがカンタンに
   5-4.両胸から同時搾乳
 6.ご購入はこちら

搾乳器(さくにゅうき)、なぜ必要?

搾乳器とは、母乳をしぼるための道具です。
いったいなぜ搾乳器が必要なのでしょうか? 搾乳器を使うメリットとは?

購入すべき? 搾乳器を使うメリットとデメリット

2017.11.27

授乳で乳首が痛い! よくある原因と対処法

2018.03.03

搾乳した母乳の保存方法と保存期間は?

2018.10.24

飲んだ量がわかる

ママのおっぱいから直接飲ませた場合、赤ちゃんがどれくらい母乳を飲んだのかがわかりません。
搾乳器を使って一度哺乳瓶に入れることで、母乳の量がわかります。

乳腺炎の予防に

母乳が胸にたまって痛くなることがあります。
赤ちゃんが飲む以上の母乳が出る、卒乳時などに多い悩みです。
放っておくと、乳腺炎から高熱が出てしまうことも。
搾乳器を使って母乳を搾ることで、乳腺炎の予防ができます。

乳首が切れて痛い

毎回清浄綿でぬぐって3時間おきに授乳をつづけていると、乳首が切れて血が出ることがあります。
赤ちゃんが大きくなってくると、乳首をくわえてひっぱるなどの遊びをすることも。
搾乳器を使えば、ママのダメージを減らすことができます。

  • 赤ちゃんの体重が増えない
  • 乳首をくわえている時間が長い
  • 母乳の出が悪いのではと心配
  • 乳首から血が出てしまった

搾乳器はこういった悩みを持つ人のための道具だといえます。

電動と手動、どちらがいい?

搾乳器には、電動のものと手動のものがあります。

手動はポンプを手で押して、搾乳します。
自分のペースで搾乳したい人に向いています。

電動は自動で搾乳してくれます。
毎回の搾乳に手間がかかりません。

自分に向いているものを選びましょう。

シングルポンプとダブルポンプって?

シングルポンプは1本、ダブルポンプは2本の搾乳ができます。
シングルポンプでは左右の胸をを片方ずつ搾乳しますが、ダブルポンプは一度に搾乳することができます。

今回発売した「スイング フレックス電動さく乳器」にも
スイング フレックス(シングルポンプ)と、スイング・マキシ フレックス(ダブルポンプ)があります。

新商品「スイング フレックス電動さく乳器」

病院用電動搾乳器を開発して50年以上母乳育児をサポートしてきたメデラ社。
産院で多く使われている搾乳器「シンフォニー」のデータを元に、
より快適で効率的な形状の搾乳器を開発しました。
それが「スイング フレックス電動さく乳器」と「スイング・マキシ フレックス電動さく乳器」です。

2フェーズ搾乳テクノロジー

2フェーズさく乳テクノロジーで、赤ちゃんが母乳を飲む自然なリズムを再現。
搾乳口は従来の製品と同じように、21mm/24mm/27mm/30mmの4サイズ展開なので、乳頭の大きさに合わせて選べます。

従来の製品との違いは?

では、従来の製品との違いはどんなものがあるでしょうか?

平均搾乳量が11%UP!

従来の搾乳器と大きく違うのが、搾乳口です。
「スイング フレックス電動さく乳器」は、搾乳口の角度が105°になりました。
これまでの90°よりも自然に、さまざまな胸の形にフィットします。
おっぱいへの圧迫が減るため、母乳の流れがよくなり、効率的です。
臨床試験でも、1分あたりの平均搾乳量が11%増加、快適であることが実証されています。

搾乳口が360°回転

搾乳口がオーバル型(卵型、楕円形)で、360°回転します。
おっぱいの形に合わせて快適なアングルに変えやすいのが特徴です。
ソフトカバー付きで、やさしい付け心地。

これまで基本セットに付属の搾乳口は24mm(Mサイズ)のみでした。
サイズが合わず、別売りの21mm(Sサイズ)を購入される方が多かったのですが、
「スイング フレックス電動さく乳器」は21mm(Sサイズ)と24mm(Mサイズ)の両方が付属しています。

お手入れがカンタンに

これまで1か月に1回の交換が必要だった搾乳弁がなくなりました。
従来の搾乳器よりパーツが少なくなったことで、お手入れがカンタン、リーズナブルになりました。

両胸から同時搾乳

片胸を交互に搾乳する場合と比較して、搾乳できる母乳量や、搾乳した母乳に含まれるカロリーも増加します。
また、約半分の時間で搾乳することができ、時間を節約できます。

ご購入はこちら

楽天市場
メデラ スイングフレックス電動さく乳器
メデラ スイング・マキシ フレックス電動さく乳器

ベビーランドのサイト
メデラ スイングフレックス電動さく乳器
メデラ スイング・マキシ フレックス電動さく乳器

ベビー用品のレンタル・クリーニング