必要最小限でも……収納に苦労するベビー用品、いい片づけ方法は?

出産する前に済ませておきたいことは、いくつかあります。
歯医者で定期検診を受けたり、美容室で髪を切ったり……。
なかでも退院後、赤ちゃんを迎える環境を整えておくことは大切です。

以前、必要最小限のベビー用品のリストについて書きました。

「必要最小限のベビー用品」とは?

2020.09.26

必要なベビー用品は意外に多く、収納にも苦労します。
今回はベビー用品の収納についてまとめてみました。

 1.どこに置く?
  1-1.ベビー布団やベビーベッド
  1-2.おむつ、お尻拭き、清浄綿、ガーゼハンカチ、赤ちゃんの服
  1-3.ほ乳瓶セット、ほ乳瓶の消毒用品、粉ミルク・液体ミルク
  1-4.ベビーバスや湯温計、沐浴布、無添加せっけん
  1-5.体温計、綿棒、ベビーオイル、爪切り
 2.どう収納する?
  2-1.フタがつけられるケースで収納
  2-2.湯上りケア用品を収納
  2-3.ベビー服やおむつなど
  2-4.カラーボックスと収納ケースをまとめて買いたい

どこに置く?

出産関連用品といっても、使う場面はさまざまです。
動線を考えて、使う場所の近くに置いておくのがベストでしょう。

たとえばチャイルドシート(ベビーシート)は車、着替えはタンス……といった具合です。
普段使っている場所や、その周りに置きましょう。

ベビー布団やベビーベッド

パパ・ママが寝る場所の近くに置くといいでしょう。
赤ちゃんのときから子供部屋に寝かせる習慣のある国もありますが、大人の目が届きにくいため事故も多く、あまりおすすめできません。

赤ちゃんを寝かせるのはどこがいい?【マンション編】

2020.09.19

赤ちゃんを寝かせるのはどこがいい?【戸建て編】

2020.08.29

【ベッド?布団?】赤ちゃんの寝る場所

2019.03.25

お部屋に合ったサイズのベビーベッドを探そう

2018.08.18

おむつ、お尻拭き、清浄綿、ガーゼハンカチ、赤ちゃんの服

赤ちゃんのおむつを交換するときは、赤ちゃんを寝かせるスペースが必要になります。
また、赤ちゃんは寝ている時間も長いので、ベビーベッドの周りに置いておくと便利です。
ベビーベッドの中には、下が収納スペースになっているものもあります。
コンパクトな収納や省スペース化を目指すときの心強い味方です。

◆収納板付きベビーベッドのレンタルはこちら

  

おむつ替えには、おむつやお尻拭きを使います。
おむつは漏れてしまうことがあるため、赤ちゃんの着替えも用意しておきましょう。
授乳のときには、清浄綿やガーゼハンカチを使います。
ミルクを使っている場合はベッド周りに調乳ポットなどがあると便利ですが、設定温度によっては雑菌が発生することもあるので注意が必要です。

ほ乳瓶セット、ほ乳瓶の消毒用品、粉ミルク・液体ミルク

粉ミルクを作る場合、お湯をわかす必要があります。台所に置いておくのがいいでしょう。
ほ乳瓶の消毒は、煮沸や電子レンジ、ミルトンなどの薬剤で行うことができます。

ベビーバスや湯温計、沐浴布、無添加せっけん

お風呂用品は浴室に置いておきましょう。
ごくまれに、台所のシンクをベビーバス代わりに使う人もいます。
使えないことはありませんが、金属製なのでひんやりしており、赤ちゃんがびっくりしてしまいます。
ベビーバスは浴室で使うのが一番です。
無添加せっけん、ベビー用のシャンプーなどのお風呂用品も浴室に置いておきましょう。
沐浴布は使い終わったらきれいな水ですすいで干しておきます。

体温計、綿棒、ベビーオイル、爪切り

体温計、綿棒、ベビーオイル、爪切りなどの湯上りケア用品はリビングや寝室で使います。
湯上りケアは、赤ちゃんを寝かせるスペースがないとできません。
おむつなどと一緒に置いておくと便利です。

どう収納する?

ニトリ、無印良品、IKEAなど、さまざまなメーカーがカラーボックス(収納棚)を販売しています。
カラーボックスはお子さんの成長にあわせておもちゃ入れにもできるため、おすすめです。

フタがつけられるケースで収納

カラーボックスの中にケースを入れて収納すると、すっきりします。
フタがつけられる収納なら、これがおすすめです。

湯上りケア用品を収納

体温計、綿棒、ベビーオイル、爪切りなど、湯上りケア用品は細々としています。
ベビーグッズをまとめて入れられる、無印良品の「ポリプロピレン収納キャリーボックス」が便利です。

ベビー服やおむつなど

やわらかく、使う頻度の多いものはフタのないものが便利です。
ニトリの「ソフトNインボックス」などがおすすめです。

カラーボックスと収納ケースをまとめて買いたい

IKEAのTROFAST(トロファスト)がおすすめです。
タテのもの、ヨコのもの、階段状のものなど、さまざまな形があります。
スライド用の溝がいくつもあるため、使いたい大きさのケースを組み合わせられるのも魅力です。

 

コンパクトな収納や省スペース化を目指して、やがてやってくる赤ちゃんとの暮らしを快適にしましょう。

ベビー用品のレンタル・クリーニング