KATOJIから発売したベビーカー、Joie エアドリフト、以前の製品との違いって?

KATOJIから2月上旬に発売したベビーカー『Joie エアドリフト』。
Joieは、KATOJI(カトージ)が日本総代理店を行っているイギリスのベビーブランドです。
ベビーカーやチャイルドシートを多く扱っているブランドですね。
ベビーランドで取り扱っているJoie商品はこちら

今回発売されるエアドリフトは、一般的なベビーカーとどう違うのでしょうか?
一番大きな違いは、タイヤの動きです。
今回はその違いを調べてみました。

 1.Joie エアドリフト
  1-1.これまでの一般的なベビーカーのタイヤ
   1-1-1.シングルタイヤとダブルタイヤ
   1-1-2.3輪タイヤと4輪タイヤ
   1-1-3.18cm大型フロントタイヤ
   1-1-4.オート4キャス
  1-2.エアドリフトのタイヤは4輪フリー
  1-3.サイズ・重量
 2.商品スペック
Joie エアドリフト

Joie エアドリフト

『Joie エアドリフト』には、従来のベビーカーにはなかった新機能が搭載されています。
ハンドル操作で4つのタイヤが360°回転する、4輪フリー機能です。

これまでの一般的なベビーカーのタイヤ

これまでのベビーカーのタイヤには、いくつか種類がありました。

シングルタイヤとダブルタイヤ

シングルタイヤ ダブルタイヤ
操作しやすく走行性に優れる。 溝にはまりにくい。安全性に優れる。
コンビ AttO type-L アップリカ オプティアクッション

タイヤが1本のものがシングルタイヤ、左右2本がセットになっているものがダブルタイヤです。

3輪タイヤと4輪タイヤ

3輪タイヤ 4輪タイヤ
小回りがきき、操作性に優れるが重い。 軽くて安定している。
アップリカ スムーヴAE
カトージ ライトトラックス
アップリカ オプティアクッション

18cm大型フロントタイヤ

18cm大型フロントタイヤ
前輪と後輪の大きさが違う。段差を乗り越えやすい。
コンビ ラベリタ エッグショックAL

オート4キャス

対面式・背面式を切り替えたとき、前輪と後輪の役割を自動的に切り替える機能です。
通常、ベビーカーは前輪が動き、後輪は前輪と連動した動きをしています。
後輪が前輪と同じように動くとバランスをとりやすく、安定感があります。

しかし対面式・背面式を切り替えると進行方向が逆になり、前輪と後輪も入れ替わってしまいます。
このときに自動で前輪と後輪の役割を入れ替えてくれるのが、オート4キャスです。
スゴカル Switch Plus eggshock earth XLスゴカル Switch plus エッグショック earth XL

エアドリフトのタイヤは4輪フリー

今までの一般的なベビーカーのタイヤは、2輪フリーでした。
前輪はフリーですが、後輪が前輪と連動しているため、ロックがかかっていたのです。
2輪フリーはバランスがとりやすく安定感があるのですが、方向転換の際に大回りをしなくてはいけませんでした。
エアドリフトはレバーを操作している間は4輪フリーにできるため、小回りがききます。

せまい通路やお店の中での動きに強いのがエアドリフトです。
4輪フリー機能を使いたいときは、手元のハンドルのボタンを押して切り替えることができます。
店内で座っているときに、ベビーカーを引き寄せる……といった使い方もできます。

サイズ・重量

商品スペック

メーカー katoji カトージ
商品名 Joie ベビーカー エアドリフト
カラー 41039(グレーフランネル)
41040(ペイヴメント)
対象年齢 1ヶ月~体重15kg(3歳頃まで)
本体サイズ 開いているとき:W46.5×D83×H103cm
折りたたんだ時:W30×D46.5×H93.5cm
本体重量 約4.5kg
素材/材質 フレーム:PP、POM
車輪:EVA、PP、PA
機能・その他 ドリフト機能
レインカバー付
インナークッション付(片側:3Dメッシュ生地)
本体背もたれ:メッシュ
マグネットバックル
ホロ UPF50+
適合基準 SG合格

ペイブメント41040
グレーフランネル 41039

ベビー用品のレンタル・クリーニング