【体重管理】妊娠中の体重基準が変わる?

妊娠したら「お腹の赤ちゃんの分も食べないと」と2人分の食事を勧められることがあります。
ご年配の方と一緒にいると、特にそうですね。

しかし妊婦さんの体重管理は、とてもシビアです。
妊婦健診で「増えすぎです」と怒られた経験がある方も多いのではないでしょうか。
運動やダイエット、食事内容の指導をされることもあります。

今回は、妊婦さんの体重の基準が変わるというニュースをお伝えします。
2021年3月4日に読売新聞が取り上げたものです。

 1.小さく生んで、大きく育てる
 2.やせすぎは赤ちゃんの低体重につながる
 3.妊娠中の体重管理、どう変わる?
   3-1.BMI値の計算方法
   3-2.妊娠中の体重

小さく生んで、大きく育てる

これまでは赤ちゃんを「小さく生んで、大きく育てる」という方針がとられていました。
妊婦さんの体重が増えすぎると妊娠中毒症などの病気や、難産になる可能性が高いためです。
妊娠中の体重増加は+7kg~12kgまでにとどめるよう、指導されてきました。

ところが今回、厚生労働省が妊娠中の体重基準を変更するというニュースが飛び込んできました。
日本産科婦人科学会が基準を見直したことによる変更です。

やせすぎは赤ちゃんの低体重につながる

体重管理が一般的になったこともあり、やせている妊婦さんが増えました。
同時に、やせているの妊婦さんから低体重で生まれる赤ちゃんも増えました。

妊婦さんの体重が十分に増えていない場合、以下のようなリスクがあります。

  • 赤ちゃんの発育が足りない(低体重児)
  • 自然分娩ができず、帝王切開になる
  • 低体重児は糖尿病や高血圧になりやすい

妊娠中の体重管理、どう変わる?

妊娠中の体重管理には、BMI値を使います。

BMI値の計算方法

体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)

妊娠中の体重

妊娠前のBMI 変更前 変更後
BMI18.5未満 +9~12kg +12~15kg
BMI18.5~25未満 +7~12kg +10~13kg
BMI25~30未満 個別対応 +7~10kg
BMI30以上 個別対応 +5kgまで

※まだ正式に発表されていないため、数値が変更になる可能性もあります。

 

以前より、およそ3kg増えるケースが多いようです。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」と言いますが、体重が重すぎるのも、軽すぎるのもよくないということですね。
出産を乗り越える体力をつけるためにも、適度な運動を心がけましょう。

ベビー用品のレンタル・クリーニング