チャイルドシートはどう買えばオトク?

チャイルドシートの値段を見て、驚いたことはありませんか?
法律で使用が義務付けられているとはいえ、高いお買い物には違いないですよね。

今回はチャイルドシートの買い替えをオトクにする方法をご紹介します。

 1.使用対象年齢を考えると……
 2.オトクに使うなら……ベビーシートをレンタル
  2-1.ベビーシートが高いのはどうして?
  2-2.インナークッションはロングユースではない
 3.新生児から11歳まで使えるGraco マイルストーン
   3-1.ロングユースの欠点はお手入れ

使用対象年齢を考えると……

チャイルドシートの使用が義務付けられているのは、新生児から6歳までです。
この間、お子さんは目まぐるしく成長します。
赤ちゃんから小学1年生までと考えれば、成長具合がわかりやすいですね。
ずっと同じチャイルドシートが使えることは、ほとんどありません。

  1. ベビーシート(新生児~1歳ごろまで)
  2. チャイルドシート(1歳~4歳ごろまで)
  3. ジュニアシート(3歳、4歳以降)

この3つのタイプを買い替えるのが、オーソドックスなチャイルドシートの選び方です。
最近ではロングユースのチャイルドシートも出てきましたが、機能としては、

  • ベビーシート+チャイルドシート
  • チャイルドシート+ジュニアシート

のどちらかが多く、途中で買い替える必要があるものがほとんどです。
購入費用を概算してみます。

すべて購入した場合
ベビーシート 30,000円前後 60,000円前後 30,000円前後
チャイルドシート 25,000円前後 35,000円前後
ジュニアシート 20,000円前後 20,000円前後
合計 75,000円前後 80,000円前後 65,000円前後

オトクに使うなら……ベビーシートをレンタル

買うと30,000円するベビーシートですが、使用期間は新生児~生後9ヶ月ごろまでと意外に短いものです。
レンタルなら、1年で17,900円と安く借りることができます。

ベビーシートをレンタルした場合
ベビーシート
(レンタル)
17,900円前後
(レンタル)
17,900円前後
(レンタル)
チャイルドシート 25,000円前後 35,000円前後
ジュニアシート 20,000円前後
合計 62,900円前後 52,900円前後

スムーヴTSインファントカーシートAB(ベース付)

スムーヴTSインファントカーシート(ベース付)


スムーヴTSインファントカーシート(ベース付)

スムーヴTSシリーズは赤ちゃんが眠ってしまったときにシートごと室内に運べるのが便利です。
ISOFIXベース付きだから、設置も手軽なのがいいですね。

もう少し価格を抑えたモデルはこちらからどうぞ。

ベビーシートが高いのはどうして?

ベビーシートは使用期間が新生児から生後9か月ごろまでと限られているので、割高に感じられます。
ベビーシートは乳児用のインナークッションによって価格が変わることが多いようです。
インナークッションとは頭や背中を守るためのクッションで、幼児用クッションに追加するような形で使います。
コンビのエッグショックや、アップリカのマモールパッドが有名ですね。

インナークッションはロングユースではない

価格が上がる理由になりやすいインナークッションですが、こちらも使える期間が限られています。
インナークッションは、生後6か月以降は使用しないのが一般的です。
チャイルドシートを使うのが6か月以上のお子さんなら、インナークッションにこだわる必要はありません。

新生児から11歳まで使えるGraco マイルストーン

「結局どれがオトクなの?」というあなたにオススメしたいのが、Gracoのマイルストーンです。


新生児から11歳まで使えるチャイルドシートで、お値段も33,000円前後です。
とにかく費用を抑えたい方には、この商品がオススメです。


アップリカ グレコ マイルストーン アルミニウム GR 67166

※楽天市場のページに繋がります

ロングユースの欠点はお手入れ

ロングユースの商品が増えていますが、ネックはお手入れです。
チャイルドシートも長く使えばクッション性が弱り、汚れも目立つものです。
ときどきお手入れをして、お子さんを守る機能が衰えていないか確認しましょう。


チャイルドシートのクリーニングサービスはこちらで受け付けております

ベビー用品のレンタル・クリーニング