【2021年6月1日より】Googleフォトに容量制限が付きます

 1.15GBの制限を超えている場合
 2.容量を買い足す
 3.データが削除されるケースは?

Googleフォトというサービスがあります。
Googleアカウントに紐づけされるサービスで、オンライン上に高画質な写真を保存できるサービスです。
お子さんの写真を保存するのに使っている方も多いのでは?

2021年6月1日から、Googleアカウント1つにつき15GBの容量制限が付きます。
1つのアカウントにつき15GBですから、Googleフォト以外のサービス(GmailやGoogleドライブなど)との合算です。

それでは既にGoogleアカウントで15GB以上の容量を使用している場合、どうなるのでしょうか?

15GBの制限を超えている場合

データ移行期間として、2年間の猶予があります。
制限を超えている場合でも6月1日にすぐに消されるということはないようです。
しかし容量が15GBを超えるとGoogleアカウントに紐づけられたサービスすべてを使うことができなくなってしまうため、おすすめできません。

15GB以下になるようにクラウド上を整理するか、Google Oneで容量を買い足しましょう。

容量を買い足す

iPhoneのiCloudなどもそうですが、月額でクラウド上の容量を買い足すと、15GBの上限を上げることができます。

Google One
月額 年額 容量
250円 2,500円 100GB
380円 3,800円 200GB
1,300円 13,000円 2TB
6,500円 10TB
13,000円 20TB
19,500円 30TB

データが削除されるケースは?

2年間利用しなかったサービスは、容量問わずデータが自動的に消去されてしまうようです。

たとえば定期的にGmailを使用しており、Googleフォトで15GB以下の容量しか使っていなかった場合でも、
2年間アクセスがなければGoogleフォトのデータは削除されてしまいます。
Gmailにアクセスしていても、GoogleフォトにアクセスしなければGoogleフォトのデータは削除されてしまいます。

 

格安スマホなどでキャリアメールではなくGmailを使う人も増えていますよね。
お子さんの写真をGoogleフォトに保存していた方は、
今回の「Google フォトのストレージに関する変更」を読んで6月1日までに対策しましょう。

ベビー用品のレンタル・クリーニング