【赤ちゃんの肌着】短肌着・長肌着・コンビ肌着の違いとは?

両親学級で必要なものを教えてくれるとはいえ、
赤ちゃんの肌着を初めて買うときは戸惑う方も多いと思います。

一番悩むのが

  • 短肌着
  • 長肌着
  • コンビ肌着

の使い分けではないでしょうか。
いったいどうやって使うの?

 1.短肌着とは?
 2.長肌着とは?
 3.コンビ肌着とは?
  3-1.水通し
 4.季節にあわせて
  4-1.着せすぎは湿疹の元
赤ちゃんの肌着

短肌着とは?

「たんはだぎ」と読みます。
短肌着とは、丈が赤ちゃんのおへそまでの長さしかない、短い肌着です。
季節を問わずに、着ることが多い服です。
ひもで結ぶタイプや、スナップボタンでとめるタイプがあります。
縫い目が赤ちゃんの肌にこすれるのを避けるため、外側に縫い目があります。

長肌着とは?

「ながはだぎ」と読みます。
短肌着の丈が、赤ちゃんの足元まで長くなっているものです。
赤ちゃんのお腹をおおってくれるので、短肌着と組み合わせて着ます。

コンビ肌着とは?

長肌着との違いは、足元にあります。
股の下にあるボタンをとめることで、ズボンのように足の部分が分かれるのがコンビ肌着です。
室温にもよりますが、春から秋にかけて赤ちゃんが室内で過ごす際の普段着です。

水通し

買ったばかりの肌着は汚れやのりがついていることがあるため、水で洗って流します。
洗剤は入れずに水だけで洗うことを「水通し」といいます。

【出産準備】水通しって?

2018.09.30

水通しした肌着の上から、季節やお出かけなどの必要に応じてベビー服やオーバーオールを着せましょう。

季節にあわせて

春・秋
お出かけ 短肌着&ベビー服
お部屋 短肌着&長肌着orコンビ肌着orベビー服
お部屋 短肌着or長肌着orコンビ肌着
肌寒いとき 短肌着&コンビ肌着&ベビー服
お部屋 短肌着&コンビ肌着&ベビー服&ベスト

着せすぎは湿疹の元

赤ちゃんの体温は大人より高いため、あまり厚着をさせないようにしましょう。
大人より1枚少ないくらいの服装で十分です。
着せすぎや暖房などで暑すぎると、赤ちゃんの喉がかわくとミルクを飲む回数も増えますし、
睡眠時間も短くなってしまいます。
なにより、赤ちゃんのお顔に湿疹が出やすくなってしまいます。

 

冷暖房を使いながら、暑い季節や寒い季節を乗り越えましょう。

ベビー用品のレンタル・クリーニング