【オンライン両親学級】赤ちゃんをお風呂に入れる方法~沐浴とは?~

コロナ禍で、両親学級が開催中止になるケースが増えているようです。
開催されていても参加者を少なくしたり、時間を短くしたり……。
オンラインで開催する場合も、Zoomや通信環境が必要だったり、同時に接続する人数が決まっていたりで、あまり多くの人に伝えられていないのが現状のようです。

そんなパパママをサポートしようと、一部市町村の健康福祉センターがYoutubeで動画をUPしているのをご存じでしょうか。
「オンライン両親学級」「パパママクラス」などで検索してみてください。
神奈川県の入間市や横浜市、愛知県東海市などの両親学級動画がUPされています。

今回はその中から、赤ちゃんをお風呂に入れるとき……沐浴の仕方について説明していきます。

 1.お部屋やお風呂の準備を整える
  1-1.ベビーバス
  1-2.湯温計
  1-3.手おけ
  1-4.ベビーソープまたはせっけん
  1-5.ガーゼまたは沐浴布
  1-6.着替え
  1-7.バスタオル
 2.赤ちゃんの準備
 3.沐浴の仕方
  3-1.バスネット
 4.お風呂上がりのケア
  4-1.おへそ
  4-2.鼻と耳
  4-3.ベビーオイル
  4-4.おむつ替え
 5.ベビーバスの種類について
  5-1.バスタイプ
  5-2.シンクタイプ
  5-3.折りたたみタイプ
 6.動画紹介

お部屋やお風呂の準備を整える

寒い季節や暑い季節は、冷暖房でお部屋の温度を調節しておきます。
赤ちゃんを沐浴させるには、以下のグッズが必要です。

  • ベビーバス
  • 湯温計
  • 手おけ
  • ベビーソープ
  • ガーゼまたは沐浴布
  • 着替え
  • バスタオル

ベビーバス

赤ちゃん用の浴槽です。
赤ちゃんは免疫が弱く細菌感染しやすいため、
必ず大人とは別のお風呂に入るようにしましょう。

シンクタイプは、キッチンの流し台で使える小型のベビーバスです。
※シンクの広さによっては入らないことがあります。調べてから選びましょう。

バスネット付きのベビーバスならお風呂に入る赤ちゃんを支えてくれるので、大人の腕や腰の負担が少なく済み、安心です。

湯温計

お湯の温度を計ります。適温は以下です。

春夏 38~39度
秋冬 39~40度

手おけ

赤ちゃんに上がり湯をかけるために使います。

ベビーソープまたはせっけん

赤ちゃん用のボディソープです。大人用のものは刺激が強いため、使いません。
湿疹ができやすいなど、お肌が弱い赤ちゃんの場合、無添加せっけんを使った方がいいと言われることもあります。

ガーゼまたは沐浴布

赤ちゃんのお腹にかけます。
赤ちゃんはお風呂に入ると不安がって手足をばたばたさせますが、沐浴布やガーゼをかけると安心して入浴できるようです。
戌の日参りの腹帯を短く切って使ったり、手ぬぐいを使うこともあるようです。

着替え

寒い季節はベビー服に肌着を重ねるなどして、湯上りにサッと着られるように準備しておきます。

バスタオル

感染防止のため、大人とは別のものを使いましょう。

赤ちゃんの準備

赤ちゃんが以下の状態のときは、沐浴をやめます。

  • 赤ちゃんの体温が37.5度以上あるとき
  • 授乳後30分以上たっていないとき

赤ちゃんはほんの少しの水でも溺れてしまいます。
沐浴中は決して目を離さないようにしてください。

沐浴の仕方

  1. 湯温計で温度をチェックする
  2. 顔・頭・身体の順で洗う
  3. ひっくり返して、身体の後ろ側を洗う
  4. 最後に上がり湯をかける

1.湯温計で温度をチェックする
湯温計で、夏は38~39度、冬は40度前後が目安。
足からゆっくり入れて、こわがる赤ちゃんには沐浴布をかけてあげましょう。

2.顔・頭・身体の順で洗う
ぬらしたガーゼで目頭から目尻まで、一方向にぬぐいます。
一回ごとにガーゼをしぼり、顔全体をふきます。
頭は泡で包み込むように洗い、濡らしたガーゼでせっけんを落とします。
赤ちゃんの髪をかきあげるように、額から上にぬぐってあげましょう。
同様に、首・腕・お腹・股の下の順で身体を洗います。
以前は赤ちゃんの耳を押さえて沐浴することが多かったようですが、現在では、赤ちゃんの耳を押さえないで沐浴させることが多いようです。

3.ひっくり返して、身体の後ろ側を洗う
右手の手首あたりで赤ちゃんの腕を支え、首がガクンと前に倒れないように気を付けて。
右手と左手を入れ替え、左手で赤ちゃんの腕からわきの下を支え、うつぶせにして、背中・おしり・足の付け根やくびれている部分を洗います。

4.最後に上がり湯をかける
準備しておいた上がり湯で胸・おなか・足の順でゆっくりお湯をかけ、身体全体をきれいに流しましょう。

バスネット

バスネット
バスネットがあれば赤ちゃんの身体を支えてくれるので安定します。
腕や腰への負担が心配なパパママにオススメです。

お風呂上がりのケア

おへそ

綿棒などで水分をしっかりとってあげましょう。

鼻と耳

綿棒やタオルで水滴をぬぐいます。
あまり奥まで入れると嫌がるので、耳の入り口だけで十分です。

ベビーオイル

冬場など乾燥する時期に塗ります。

おむつ替え

おむつはテープタイプとパンツタイプがあります。
テープタイプは腰骨のあたりをテープで留めるものです。
パンツタイプのおむつ交換をするときは、両脇を破ります。

ベビーバスの種類について

バスタイプ

お風呂の洗い場などに置いて使用するタイプです。
ディズニーバスのレンタルはこちら

シンクタイプ

キッチンのシンクなどで使用できるタイプです。
高い場所でお風呂に入れるため腰痛になりにくいと言われます。
※シンクの広さによっては入らないことがあります。調べてから選びましょう。
シンクタイプのベビーバスのレンタルはこちら

折りたたみタイプ

コンパクトに折りたためるため、収納時にかさばりません。
フォールディングバスのレンタルはこちら

動画紹介

●入間市公式Youtubeチャンネル

●愛知県東海市公式Youyubeチャンネル

●横浜市戸塚区両親教室「赤ちゃんのお風呂の入れ方」準備編

●横浜市戸塚区両親教室「赤ちゃんのお風呂の入れ方」実践編

ベビー用品のレンタル・クリーニング