【育児体験談】赤ちゃんの授乳用ミルクの温度をすばやく下げる方法【時短】


以前オンライン両親学級でミルクの作り方を説明している動画をご紹介しました。
ミルク作りで一番気を使うのは温度調節ですよね。
腕の内側にミルクを垂らして温度を確認しますが、赤ちゃんが泣いているなかで「まだ冷えない」と焦ってしまうものです。

今回はそんなときにミルクをすばやく冷ます裏ワザをご紹介します。

【必要なもの】
・ほ乳瓶
・粉ミルク
・お湯
・赤ちゃんに飲ませることのできる純水

ほ乳瓶の粉ミルクを溶かすとき、お湯を少なめにしておきます。
粉ミルクが溶けきったら、赤ちゃん用の純水を足して冷ましましょう。
温度確認は忘れずに!

慣れるまでは粉ミルクが溶け残ることがあったり、
温度調節がうまくいかないことがあるかもしれませんが、
氷水や流水で冷やすより、すばやく温度を下げることができます。
特におすすめなのは、氷水や流水を用意できない外出先での利用ですよ。

【オンライン両親学級】赤ちゃんのミルクの作り方・ゲップのさせ方

2021.09.04

ベビー用品のレンタル・クリーニング