【比べてみました】コンビのジョイトリップGH、GGとの違いは?

2019年7月上旬に発売する『ジョイトリップ エッグショックGH』と『ジョイトリップ エアスルーGH』。
ジョイトリップは、コンビが1歳頃から使えるチャイルドシート兼ジュニアシートとして販売しているシリーズです。
7月に発売されるGHは以前のGGとどう違うのか、違いを調べてみました。
ジョイトリップGH

 

ジョイトリップ
エッグショックGG
ジョイトリップ
エッグショックGH
ジョイトリップ
エアスルーGG
ジョイトリップ
エアスルーGH
使用年齢
1歳〜11歳頃まで
1歳~11歳頃まで
1歳~11歳頃まで
1歳~11歳頃まで
エッグショック

(本体頭部・

ランバーサポート)

(本体頭部・

ヘッドサポート)
×
×
ココチエアー
製品重量
5.3kg
5.5kg
5.1kg
5.3kg
チャイルドモード

1歳頃~4歳頃体重9kg~18kg
身長70cm~105cm

1歳頃~4歳頃体重9kg~18kg
身長70cm~105cm

1歳頃~4歳頃体重9kg~18kg
身長70cm~105cm

1歳頃~4歳頃体重9kg~18kg
身長70cm~105cm
ジュニアモード
(背もたれつき)

3歳~7歳頃体重15kg~25kg
身長95cm~125cm 

3歳~7歳頃体重15kg~25kg
身長95cm~125cm 

3歳~7歳頃体重15kg~25kg
身長95cm~125cm 

3歳~7歳頃体重15kg~25kg
身長95cm~125cm 
ブースターモード
(座面のみ)

6歳~11歳頃体重22kg~36kg
身長125cm~145cm

6歳~11歳頃体重22kg~36kg
身長125cm~145cm

6歳~11歳頃体重22kg~36kg
身長125cm~145cm

6歳~11歳頃体重22kg~36kg
身長125cm~145cm
ヘッドサポート

エッグショック

ふわふわ

エッグショック
ランバーサポート

ふわふわ
×
×
ふわふわ爽快シート
×
×
シート丸洗い
ドリンクホルダー
ベルトポジショナ―

ふわふわ爽快シート

「ジョイトリップ エッグショックGH」で追加された機能に「ふわふわ爽快シート」があります。
「おでかけを、どこまでも快適に」を目指して、風が通るふわふわ爽快シートで、赤ちゃんがゆったり快適に過ごせるように作られました。

ヘッドサポート&ランバーサポート

ジョイトリップGHのエッグショック
「ジョイトリップ エッグショックGH」は、ふわふわに進化したヘッドサポートとランバーサポートが搭載されています。
以前の商品よりもヘッドサポートが大きくなり、お子さまの頭や腰をしっかりサポートして頭を固定するので、横倒れを軽減します。
身体をしっかり支え、やさしく包み込むやわらかさにこだわったクッションです。
「ジョイトリップ エアスルーGH」はヘッドサポートのみで、ランバーサポートはありません。

成長に合わせて高さ調節

ヘッドサポートの位置を上下に動かすことができるので、成長に合わせて調節できます。
ヘッドサポート上下

点で支えるクッション

点で支えるクッションは「ジョイトリップ エッグショックGG」「ジョイトリップ エアスルーGG」から、そのまま引き継がれています。
座面には点で支えるクッションを採用し、座り心地良く快適です。

シート丸洗い

GGシリーズから引き続き、GHシリーズでもシートの丸洗いができます。
長く使うことになるチャイルドシート兼ジュニアシートですから、洗えるのがいいですよね。

重さの変化は?

『ジョイトリップ エアスルーGG』の重さは約5.1kg。
『ジョイトリップ エアスルーGH』は5.3kgで少し重くなっていますが、その分クッション性が増しています。

ココチエアーって?

赤ちゃんに快適空間を用意するココチエアー。
体温調節の苦手な赤ちゃんのためにコンビが考えた、通気・空気の循環構造です。
GGシリーズでも使われていたココチエアーですが、GHシリーズでも引き続き搭載されています。

メーカーによる動画

ジョイトリップ エッグショックGG

ジョイトリップ エッグショックGH

GGシリーズよりふわふわの座り心地を追求したのが、GHシリーズだと言えるでしょう。

【比べてみました】コンビのジョイトリップGH、GGとの違いは?

2019.06.23

コンビのジュニアシート、ジョイトリップ&ジョイキッズ

2017.10.19

ベビー用品のレンタル・クリーニング