A型とB型ってどっちがいいの? ベビーカーの選び方

A型とB型ってどっちがいいの? ベビーカーの選び方

赤ちゃんとのおでかけの強い味方になってくれるベビーカー。
いろいろなメーカーからたくさんのベビーカーが発売されていて、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

ここでは、ベビーカーのタイプと選び方についてお伝えします。

ベビーカーのA型とB型って?

ベビーカーにどんな製品があるか探していると、製品によって「A型」「B型」と表記されているのに気付きます。
これはベビーカーに定められた安全基準(SG基準)にもとづく分類です。

A型:新生児期を過ぎて(1か月)から、または首がすわった乳児期(4か月) から使用でき、最長で48か月までの間で使用期間を定めたベビーカー
B型:おすわりができる時期(7か月)から使用でき、最長で48か月までの間で使用期間を定めたベビーカー

簡単に言えば、首がすわる前から使用できる製品が「A型」、首がすわった時期から使用できる製品が「B型」というわけです。

A型ベビーカーの特徴

A型ベビーカーの大きな特徴は、赤ちゃんを寝かせた状態でも使用できることです。

リクライニング機能があり、最も倒したときの角度が150度以上(4か月以降から使用する製品は130度以上)になるようSG基準で定められています。
このため、首がすわる前の時期から使用できるのがメリットです。ハンドルを切り替えて赤ちゃんと向かい合う状態で使用できる製品があるのも、A型ならではの特徴です。
構造上、B型より大きく重量がある製品が多く、安定して走行させられる反面、ベビーカーの持ち運びや取り回しなどで扱いづらい場面もあるでしょう。

また、価格もB型より高価なものが多いです。

B型ベビーカーの特徴

B型ベビーカーは、赤ちゃんを座った状態で乗せるベビーカーです。

座面と背もたれの角度は100度以上と定められていますが、A型のように水平に近い状態にはならないため、赤ちゃんの首や腰がすわるまでは使用することができません。
A型に比べて機能が簡素化されている分、軽量でコンパクトな製品が多いのがメリットです。

シンプルな構造なので、折りたたむときも簡単な手順ですばやくできる製品が多いです。
価格も比較的リーズナブルだと言えます。

A型とB型どちらがいい? ベビーカーの選び方

A型とB型どちらがいい? ベビーカーの選び方

首がすわる前から長く使用できて、機能も豊かなA型ベビーカーはやはり人気が高いです。

しかしA型は高価な製品が多いことや大きくかさばることから、首がすわる前のおでかけは抱っこ紐などで対応して、首がすわる時期からB型を使用するという方も増えてきているようです。
お住まいの地域やライフスタイルによっても、ベビーカーを使用する場面や頻度は異なります。

  • 車での移動が多い
  • 遠出することが多い
  • 電車やバスなど公共交通機関を使うことが多い
  • 徒歩での移動が多い
  • ご近所での移動がメイン

それによって、適したベビーカーも変わってくるでしょう。
どちらを選ぶべきか迷うという方は、レンタルを利用して使い勝手などを確かめてみるのもおすすめです。

Combi(コンビ) スタイリッシュモデル AttO type-L アットタイプL【ベビー用品 レンタル】A型ベビーカー
Combi(コンビ) スタイリッシュモデル AttO type-L アットタイプL【ベビー用品 レンタル】A型ベビーカー

コンビ ホワイトレーベル アンブレッタ 4キャス エッグショック UH 【ベビー用品レンタル ベビーカー】A型ベビーカー
コンビ ホワイトレーベル アンブレッタ 4キャス エッグショック UH 【ベビー用品レンタル ベビーカー】A型ベビーカー

B型ベビーカー アップリカ スティックツイッギー 首がすわってから乗れるバギータイプ Aprica【ベビー用品 ベビーカーレンタル】
B型ベビーカー アップリカ スティックツイッギー 首がすわってから乗れるバギータイプ Aprica【ベビー用品 ベビーカーレンタル】

ベビー用品のレンタル・クリーニング