1歳から11歳まで、なが~く使えるジュニアシート・フォームフィット

12月に発売したアップリカのジュニアシート兼チャイルドシート、フォームフィット。
各メーカーが次々とロングユースのチャイルドシート&ジュニアシートを販売する中で発表された新商品です。
今回は、このフォームフィットについてご説明します。


https://www.youtube.com/embed/k2mMpVrpnk8

1.ロングユース! 1歳~11歳まで使えます!

ベビーシートを卒業した1歳頃から、ジュニアシートを使うようになる11歳頃(※1、※2)まで、なが~く使えます!

成長に合わせて長く使えるチャイルドシート・ジュニアシートは、とても経済的です。

でも1歳から11歳というと、かなり身体の大きさが変わる時期です。
1歳から11歳までの成長に、どうやって対応するの?

※1 年齢は目安です。お子様の体重が9kgから36kgまで使用できます。
※2 車のシートベルトは身長が140cm以上を想定して作られています。安全にシートベルトを使用するためには、お子様の身長が140cm以上になるまではジュニアシートの使用をおすすめします。

2.タテにもヨコにも!? 9段階に成長

お子様の成長は、タテに背が伸びるだけではありません。
最近はお子様の成長に合わせて大きさを調節できるチャイルドシートが各メーカーから販売されていますが、タテに拡張するものがほとんど。
フォームフィットはタテだけでなく、ヨコの広さも調節できるから、きゅうくつな思いをさせません。
しかも、ひとつのレバーで高さだけでなく、横幅やハーネスの位置も適正な位置に同時調節できるんです!

なが~く使うものだからもちろん、シート手洗いOK!
気になったときにサッと洗えるので清潔です。

3.軽量・12.4kg

長く使えるチャイルドシートは、お子様の成長に合わせて何度も大きさの調節が必要になります。
調節するたびに重たい思いをしたくありませんよね。
フォームフィットは12.4kgで軽量です。
回転はしませんが、扱いやすいのもポイントの一つです。

4.省スペース! レッグなしISOFIX

ISOFIXといえば、ゴツゴツした大きなレッグサポートが車の床とチャイルドシートをしっかり支えているイメージがありますが、このフォームフィットはレッグなし。

2本のISOFIXバーを差し込んで、本体の後ろについている黄色のISOFIXアンカーラッチで、シートの背もたれの裏側にあるヒンジに引っ掛けて取り付け完了です。
とっても簡単なのに確実に取付ができます。

以前『チャイルドシート、6割が誤使用』という記事が新聞に載ったことがありましたが、意外にチャイルドシートの設置は難しいものです。
手軽に正しく設置できると安全性も向上しますし、安心ですよね。
なにより、チャイルドシート&ジュニアシートにISOFIXを採用しているのは日本初(※3)なんです!

※3 ひとつのレバーで成長に合わせて縦幅と横幅が調節できる、UN-R44/04適合のチャイルドシート&ジュニアシート。2017年8月アップリカ調べ

しかもレッグなしで足元がスッキリしているから、足元にたたんだベビーカーを置いておくことだってできるかも?!
取付できる車種が少し特殊なのがネックですが、お車がミニバンの場合は、設置したままイスをスライドさせることもできます。

取付可能な車種については、アップリカの公式ページでお調べください。
https://www.aprica.jp/products/childseat/attach/

お子様の成長に合わせて9段階の調節ができるフォームフィット。
ぜひぜひご検討ください!

  
  

ベビー用品のレンタル・クリーニング